事例発表応募要領

終了しました

1 発表者:次の人が対象です。

  大学や短期大学で英語の授業を担当している人、英語授業実践に関心がある人

 

2 応募方法:以下の点を明記し,発表申込欄から送信してください。

  発表希望者の名前(ふりがなもいれる)

  担当科目名(一つか二つ)

  連絡先メールアドレス

  タイトルと要旨(和文400字程度または英文300語程度)

  *推薦したい人がいる場合は,被推薦者の名前や推薦理由など具体的にお知らせください。

  **発表枠が限られていることから,総合的に審議し発表者を選出します。

 

3 発表方法:口頭発表(質疑応答を含む60分)

  *配布資料・PCなどは,発表者が持参してください。

 

4 会報掲載:発表内容は約3000字の長さで,本研究会会報「授業研究」 に掲載されます。

 

公募締切日:2019年8月10日(土)

申し込み要領:上記要領1~4をご参照の上、本研究会ホームページ「冬の会 事例発表申込」欄からお申込みください。

 

事例発表の機会:第3回英語教育実践研究会(冬の研究会)

日時:2019年11月30日(土)

会場:戸板女子短期大学 (東京都港区)

   JR山手線・京浜東北線 「田町駅」三田口 徒歩7分     

発表時間:各、50分~60分(質疑応答含む)

発表概要:プログラムに掲載

会報への掲載:発表内容の詳細は、発表後まとめていただき、本研究会会報「授業実践研究」No.3(2020年発行)に(400字づめ原稿で約8枚相当)掲載いたします。

 

*なお、応募多数の場合は、発表枠が限られているため、発表内容が重ならないよう、運営委員会で検討させていただくことになります。この点は、ご了承ご協力よろしくお願いいたします。

 

先生がたの日頃の授業への取り組み、工夫、直面した課題、など気軽にご発表いただく機会になり、 先生方のご発表により、教員間の学びの場が更に広がり深まっていくことを願っております。